不感症の原因とは?

男女のカップルにとって性の問題はとても大切なことです。
二人の気持ちが同じでセックスの相性や好みが同じであればこの上ないぐらい良いものでしょう。
しかし、実際はそううまくいくことばかりではないのも事実です。
いくら大好きなパートナーであっても性の相性が合わなければ最悪の場合別れてしまうこともあるぐらいなのです。

性の悩みの一つに不感症があります。
不感症と聞いただけではあまりよくわからない人も多いでしょう。簡単に言うと、不感症という名前の通り感じることができない症状のことです。
性生活を行なっていると、少なからず男性も女性もお互いに気持ち良さを感じるものです。個人差はあるかもしれませんが感じ方が極めて弱い場合を言います。

特に女性はその傾向が強く、性行為の経験があまりない時には気持ち良さを感じない場合もあります。
初めのうちはセックスで気持ち良さを感じるということ自体わからないものですので、自分は不感症に違いないと感じていてもただの経験不足である場合もよくあるものです。
経験が増えていくにつれてセックスで気持ち良さを感じるようになりそのことに気づくことも多いでしょう。

女性に比べたら少ないですが、男性にも不感症は起こります。
勃起不全などがその症状にあたります。男女ともにとても辛い不感症ですが、その原因はいろいろです。
不感症には精神的な問題はもちろんのこと、ホルモンバランスの乱れが原因の場合もあります。

心の問題は、以前に何か性行為に対して嫌な思い出によるストレスが原因の場合も考えられています。
人間の身体と心は思っている以上につながっていますので、精神的な問題は簡単に解決することはなかなか難しいでしょう。
この場合は時が流れるのを待つか専門医の診断を受ける方がいいかもしれません。

ホルモンバランスの乱れは女性ホルモンが減ってしまうことで起こってしまいます。
過度のダイエットや更年期障害を患っている場合には特に起こりやすいので、早めに対策を考えていくようにしましょう。

不感症は体質的な所もある

不感症は様々な原因が考えられますが、体質的な所もあります。
女性の場合、身体が冷えやすい方や生理不順が起こる方が多いのでその傾向が強いようです。
生まれつきの体質を変えることはなかなか難しいことですが、悪い状態を治していくことはできますのであきらめずにトライしていくようにしましょう。

ストレスが溜まりやすい方はまずはストレスを解消していかなければなりません。
食べることが好きな方はバイキングや食べ歩きなどでたくさん食べるようにするのも一つの方法です。
カラオケが好きな方は大きな声で熱唱をしたり、ショッピングが好きな方は普段行くことのできないお店で買い物をしたりするのもいいでしょう。
人それぞれストレスの感じ方は違いますので、ご自身に合った発散方法を選ぶことが大切なポイントです。

女性ホルモンの乱れが原因の場合は、まずは毎日の生活習慣を変えていくようにしましょう。
きちんと一日三食バランスの良い食事を摂って、夜は十分な睡眠を確保して身体と心を休めるようにすることで女性ホルモンはバランスが良くなっていきます。
それでも全く治らない場合は診察が必要ですので、医師の診断を受けてお薬を処方してもらうといいでしょう。

不感症の悩みは身近な人にはなかなか相談できないものです。
そのため、自分は不感症かもしれないと悩んでいても相談することができずに溜め込んでいる方もたくさんいます。
一人で悩んでいても状態が良くなることはありませんので、まずは専門の医師に相談することから始めるといいでしょう。
話しやすいパートナーならパートナーに相談するのもいいかもしれません。自分の身体ときちんと向き合って素敵な性生活を過ごしていきましょう。